資産形成のパートナー探しに 滋賀の賃貸管理会社選びガイド » 滋賀の賃貸管理会社と契約する前に知っておくこと » 賃貸管理の委託方式 » 賃貸管理代行

contents

賃貸管理代行

賃貸管理代行とは?

賃貸管理の委託方法の中で、最も一般的なものがこちら。不動産オーナーとマンション管理会社の間で管理委託契約を結び、管理会社がオーナーの代わりに管理業務を行うというやり方です。

あくまでも、入居者との間で賃貸借契約を結ぶのはオーナー。入居者と管理会社の間で契約関係が発生することはありません。

ちなみに、賃貸管理の業務として挙げられるものには「入居者の募集」「賃貸契約の締結」「物件の清掃・点検」「メンテナンス」「家賃の回収・催促」「入居者のトラブル対応」などがありますが、これらすべての業務を委託するケースもあれば、点検や定期清掃、設備修繕といった一部の業務を委託するケースもあります。オーナーのライフスタイルや管理手数料などを考慮して決めるのがよいでしょう。

賃貸管理代行はサブリースと違い、空室リスクを負うほか契約内容によってはオーナー自身で行う業務も発生しますが、その分、手元に残るお金は比較的確保できます。

マンション経営に自ら積極的に携わりたい人や、管理費用をコントロールして最大限の利益を得たい人などに向いている委託方式といえるでしょう。

他の管理方式と比べたときのメリット・デメリット

メリット

デメリット

  • 入居者とのやり取りが発生する可能性…サブリースと違ってオーナー自身が入居者と賃貸借契約を結ぶことになるため、入居者とのやり取りが発生することも。また、管理会社との契約内容によっては自ら行う業務も発生します。
  • 空室リスク・家賃滞納リスクがある…サブリースのように空室保証・家賃保証が付いているわけではないので、空室のリスクや家賃を滞納されるリスクはあります。
  •    オーナーの利益の最大化を目指す 最新の賃貸管理事情を調査