資産形成のパートナー探しに 滋賀の賃貸管理会社選びガイド » 滋賀の賃貸管理会社と契約する前に知っておくこと » 賃貸管理の委託方式 » 貸主業務代行(集金代行)

contents

貸主業務代行(集金代行)

貸主業務代行とは?

賃貸管理会社による管理業務代行サービスには、「貸主業務代行」や「集金代行」と呼ばれるサービスがあります。管理会社によってこれらの呼び方やプランの詳細は異なりますが、多くの場合、入居者管理といわれる業務の大部分を代行してくれるサービスになっているようです。

ちなみに、「貸主業務代行」の場合は建物管理を除く入居者管理全般を委託できるケースが、一方で「集金代行」の場合は、名称どおり集金の代行のみを委託するケースから、入居者の対応まで委託するケースまでさまざまみられます。

検討する際は、委託の範囲や費用について管理会社によく確認するようにしましょう。

他の管理方式と比べたときのメリット・デメリット

メリット

  • サブリースより費用を抑えられる…賃貸管理代行と同様、管理業務のみを委託する契約となるため、家賃保証・空室保証のあるサブリースに比べると管理費用を抑えることができます。
  • 費用コントロールがしやすい…経営状況やライフスタイルに合わせて委託業務の内容を検討するなど、オーナー自身で賃貸管理をコントロールしやすいという点も挙げられます。
  • デメリット

  • 空室リスク・家賃滞納リスクがある…賃貸管理代行と同様、家賃保証・空室保証が付いているわけではないため、空室のリスクや家賃を滞納されるリスクについてはオーナー自身でカバーしなければなりません。
  • 入居者とのやり取り…こちらも賃貸管理代行と同様、入居者と賃貸借契約を結ぶのはオーナー自身です。そのため、入居者とのやり取りが発生することもあるでしょう。また、管理会社との契約内容によっては、オーナー自らが行う業務も発生してきます。
  •    オーナーの利益の最大化を目指す 最新の賃貸管理事情を調査