資産形成のパートナー探しに 滋賀の賃貸管理会社選びガイド » 滋賀の賃貸管理会社と契約する前に知っておくこと » 賃貸管理会社に支払う手数料

contents

賃貸管理会社に支払う手数料

賃貸管理会社に仕事を依頼する場合、契約時に取り決められた手数料を支払わなければなりません。そのため不動産を運用する際には、この手数料も念頭に置いて収支計画を立てます。

ここでは賃貸管理を委託する際に支払う手数料についてまとめました。

賃貸管理を委託するとは?

オーナーの持つ物件を賃貸する際、以下のような業務を行わなければなりません。

もちろんこれらの業務をすべてオーナー自身で行うという選択肢もあるでしょう。しかしこれだけ多くの業務を1人でこなすのは大変困難ですし、上手に入居者の募集を行わなければ、空室が目立ってしまいます。

賃貸物件の管理は委託するのがベスト

空室が目立ったり、クレーム処理がうまくいかず入居者の不満を招くなどを避けるためにも、賃貸管理会社に業務を委託するのが得策です。オーナーに入る家賃収入のうち、一定額を手数料として支払えば、管理会社に賃貸管理業務を任せられます。

これを管理委託方式と呼び、実際に管理業務を賃貸管理会社に任せた場合、【家賃収入-管理会社に支払う手数料】で計算された金額がオーナーの手元に残るでしょう。

物件の賃貸を始めるために収支計画を立てる際には、手数料がいくらかかるかも確認しておかなければなりません。

手数料の算出方法

賃貸管理会社に物件の管理を委託するにあたり、支払わなければならない手数料はどのくらいなのでしょうか。手数料の相場と共にチェックしていきましょう。

一般的に家賃×〇%で算出される

賃貸管理会社の手数料は定額ではなく、家賃×〇%で算出されるのが一般的です。そのため戸数が増えれば家賃も増え、管理会社の手数料もアップします。

例えば家賃が10万円の物件を10戸賃貸している場合、管理手数料を5%とすると、家賃総額の100万円に対して5万円が月額手数料となるのです。

手数料の相場は家賃の5%程度

賃貸管理会社を選択する際、物件の管理にどれくらいの手数料が発生するかは、とても重要な判断ポイントになるでしょう。相場と比較して高い手数料がかかるようでは、思っていたよりも利益を得られないことがあります。

管理手数料は賃貸管理会社によって若干の違いはあるものの、一般的には家賃の5%程度が手数料の相場です。

システム料などが必要な場合も

賃貸管理会社によっては手数料が8%程度と高めになったり、逆に3%くらいで格安管理手数料をウリにしているところもあります。そのためこのパーセンテージが少ない会社を選択すればいいのではないかと考える人も多いでしょう。

しかし、賃貸管理会社では手数料とは別に、「システム手数料」や「更新事務手数料」がかかる場合があります。また契約時には入居者募集のための広告費として、家賃の1か月分を別途請求する会社も多いです。

なお、賃貸管理手数料は経費として認められています。節税のためにも、確定申告の際には忘れずに計上してください。

業務範囲は賃貸管理会社によって異なる

賃貸管理会社の手数料が一定ではなく、会社によって異なる理由として、業務範囲が異なるという点が挙げられます。基本的に業務範囲の設定が広いほど、手数料も高くなる傾向にあるでしょう。

また同じ手数料でも、賃貸管理会社によって業務範囲が異なります。以下のような業務は、基本サービスとして設定している会社が多いです。

一方で基本サービスに含まれず、別途料金として設定されているものも存在します。

そのため、基本サービスだけで選ぶと、想定していた業務がされていなかったことになりかねません。実際の内容が含まれるかどうかはkならず確認しておきましょう。

手数料を払ってまで賃貸管理を委託する価値はある?

いくら家賃の数%を支払えば賃貸の管理を任せられると言っても、オーナーが1人で管理できればその分利益も増えます。

では実際に手数料を支払ってまで賃貸管理を委託する価値はあるのでしょうか。

管理業務を委託すればオーナーの負担が軽くなる

オーナーはマンションやアパートを持っているだけで、何もしなくても家賃が入ると思っている人もいるのではないでしょうか。しかしオーナーがやらなければならない業務は、一般の人が想像するよりもはるかにハードです。

一般にオーナーが行う業務には、以下のようなものが挙げられます。

家賃の滞納を繰り返す入居者には支払いの催促が必要ですが、どのように対処したら良いか分からないオーナーも多いでしょう。実際に対応に困り数年分の滞納を踏み倒されたというケースも発生しています。

また住人同士のトラブルだけでなく、近隣住民からのクレームなどにも対処しなければなりません。平日・休日に関係なく深夜の電話にも対応していると、きちんと休める時間は少ないです。

しかしこのようなトラブルも賃貸管理会社に業務を委託していれば、オーナーの負担は軽減されます。基本的に管理会社に支払う費用は効果に見合うもののため、委託する価値は十分にあると言えるでしょう。

賃貸管理会社は変更も可能

すでに賃貸管理会社に業務を委託している人の中には、サービス内容に不満を持っている人もいるかもしれません。1度契約を交わすと賃貸管理会社は変えられないのではと感じて、不満があってもそのまま契約を更新し続けるオーナーもいるようです。

しかし賃貸管理会社は変更しても問題ありません。現在契約している管理会社に対しての解約通告や手続きは、新しい管理会社が行ってくれるので、気負いせずに済みます。

変更を考える際には、「今の管理会社のどこが不満なのか」を明確にしておきましょう。新しく管理会社を探す際の基準となります。

自分にぴったりな賃貸管理会社を見つけるポイント

実際に賃貸管理会社と契約を結ぼうと思っても、膨大な数の中から自分に合う会社を選ぶのは大変です。ここでは自分にぴったりな賃貸管理会社の見つけ方を紹介します。

複数の賃貸管理会社を比較する

賃貸管理会社との契約は、即決を迫られることがありません。そのため複数の管理会社から賃貸管理プランを出してもらい、じっくりと内容をチェックしましょう。

賃貸管理会社のサービス内容は、各社で独自のプランを提供しています。複数社のプランを比較すれば、よりお得なプランが見つかる可能性が高いです。すぐにでも契約をしたいというオーナーは、ウェブサイトからサービス内容を確認してみてください。

一括無料相談を利用する

1社ずつプランを出してもらうのは、手間も時間もかかります。すぐにでも賃貸管理会社と契約を結びたい人には、そんな時間はないかもしれません。

そこでおすすめなのが、インターネットを利用した一括無料相談です。物件に関する基本的な項目を入力するだけで、おすすめの賃貸管理会社を自動的にリストアップしてくれます。一気に複数の管理会社を比較できるため、自分で1社ずつ相談に回るよりもはるかに簡単に複数のプランを確認できるでしょう。

ただ、引っ越しや買取などで一括無料相談をした経験がある人は、大量のメールや電話が届いて疲れてしまったという経験もあるでしょう。そんな人には、当サイトの比較基準で選んだ4社を検討してみてください。

   オーナーの利益の最大化を目指す 最新の賃貸管理事情を調査