資産形成のパートナー探しに 滋賀の賃貸管理会社選びガイド » 滋賀の賃貸管理会社と契約する前に知っておくこと » 賃貸管理会社の一般的な業務内容

contents

賃貸管理会社の一般的な業務内容

賃貸経営を成功させるには、事前に賃貸管理会社に委託できる管理業務の内容を確認しておくことが大切です。対応してもらえる範囲が広い会社に依頼することで、空室問題や入居者からのクレームなどを解決しやすくなります。具体的にどんな管理業務を委託できるのか紹介していきます。

賃貸管理会社が行う業務とは?

入居者への対応

家賃の回収

家賃の滞納リスクを抑えたい、または所有している戸数が多くて家賃回収が面倒だと感じているなら、賃貸管理会社に家賃の回収を委託したほうが良いでしょう。なかには、家賃滞納者に督促してくれる賃貸管理会社もあるようです。

家賃の回収について見る

クレーム対応

入居者から寄せられるさまざまなクレームの対応も賃貸管理会社に委託可能です。入居者同士のトラブルや物件に対するクレームなどをスムーズかつ円満に処理してもらいたい人は、クレーム対応まで引き受けてくれる会社を選ぶことをおすすめします。

退去の手続き

入居者が退去する場合は、立ち合いをしたうえで原状回復費を請求します。オーナーが退去手続きを行う場合、話の折り合いがつかずトラブルに発展するケースも多々あるそうです。トラブル回避の手段として、立ち合いから原状回復費の請求・徴収、オーナーへの報告や入金まで一貫して行ってくれる賃貸管理会社が人気を集めています。

保険の対応

火災事故が起こると、現場検証や加入している火災保険会社への手続きなどで忙しくなり、通常の管理業務に手が回らなくなることがあります。保険会社への対応を代行してくれる賃貸管理業者を選んでおけば、万が一の事態が起きても通常の管理業務に支障が出ないでしょう。

契約更新

基本的に2年の頻度で行われる賃貸物件の契約更新。書類作成や入居者への対応などを賃貸管理業者に依頼できます。

客付け業務

広報活動

広報活動とは、空室を埋めるために物件の魅力を広める活動のこと。店舗のチラシやフリーペーパー・WEBなどへ物件を掲載できるネットワークがある賃貸管理会社は、広報活動の委託を引き受けているところが多いようです。

また、空室をなるべくつくらないために、部屋の条件や入居者を集める方法に関して賃貸管理会社からアドバイスしてもらうこともできます。

入居希望者への対応

入居希望者の内見案内、物件に関する質疑応答、入居が決定した後の賃貸借契約や火災保険契約の締結、鍵の受け渡しなどをまとめて委託できます。

建物への対応

賃貸経営の収益を先細りさせないために欠かせないのが建物のメンテナンス。時間の経過とともに建物が劣化しないよう、こまやかな建物管理をしてくれる賃貸管理会社に委託してみましょう。

原状回復工事

退去者が出た後、新たな入居者を決めるまでに行わなければならないのが原状回復工事です。その際、業者に見積もりをとる、原状回復工事を管理するなどの工程を賃貸管理会社に委託できます。

メンテナンス

建物の傷みや劣化を確認したうえで、将来的なトラブルを防ぐために工事を行うべきかどうか判断するのもオーナーの仕事です。賃貸管理会社に委託すれば、将来的なトラブルにつながる問題をしっかり発見できるでしょう。

メンテナンスについて見る

定期管理(点検や清掃)

消化器の期限、屋上の状態、建物周辺の雑草やゴミなど、建物以外のこまかな部分は大変なもの。定期的なゴミ拾いや雑草除去、共用スペースの清掃まで手が回らないという人は、賃貸管理会社に依頼してみてください。

緊急事由への対応

入居者から物件に関する緊急トラブル(例:水漏れ)の報告があった場合、迅速に対応できなければ退去につながる可能性があります。リスクを最小限に抑えたい人は、トラブル対応を引き受けてくれる賃貸管理会社に委託して、緊急事態にいつでも対応できる体制を整えておきましょう。

プロへの委託は賃貸経営成功への近道

賃貸管理会社は委託できる管理業務の範囲は広がりつつあります。一人で賃貸経営を始めるより、賃貸物件管理のプロの手を借りたほうが賃貸経営成功に一歩近づけるでしょう。委託したい管理業務の範囲を事前に洗い出したうえで、条件にあてはまる賃貸管理会社を探してみてください。

   オーナーの利益の最大化を目指す 最新の賃貸管理事情を調査