資産形成のパートナー探しに 滋賀の賃貸管理会社選びガイド » 滋賀の賃貸管理会社と契約する前に知っておくこと » 賃貸管理会社の一般的な業務内容 » 家賃の回収・退去勧告

contents

家賃の回収・退去勧告

家賃回収業務と回収不能時の対応

賃貸管理会社にとって重要となる業務が家賃に関することです。毎月の回収だけでなく、回収ができなかった場合の対応も行います。どういった業務か、具体的に紹介します。

家賃の回収

賃貸管理会社の重要な業務に「家賃の回収」があります。回収とは言っても、一人ひとりを訪問して回収を行うわけではなく、振り込み(今は大抵口座引き落とし)によって家賃回収を行うのですが、きちんと家賃が振り込まれているのかを確認するのです。そして、問題は家賃滞納の場合です。振り込みの場合はうっかり忘れていた、引き落としの場合は残高不足に気付かなかった、ということもあります。この場合は特にトラブルになることはなく、すぐに対応してくれる家庭がほとんどです。しかし、中には、お金が足りずに家賃を払えない家庭もあります。それがひと月のことであればまだいいのですが、長期にわたって資金繰りに困り、数か月以上家賃の滞納が続くと問題は大きくなります。そういったとき、賃貸管理会社が大きな役割を果たすことになります。

退去勧告

数回にわたり家賃の回収が滞った場合、賃貸管理会社が対応を行います。まずは入居者に連絡をとり、支払いを促します。この催告を行ったにも関わらず支払いを行われなかった場合、連帯保証人に家賃の催告を行う場合もあります。家賃保証会社と契約を結んでいる場合は、保証会社がオーナーに家賃を立て替え払いすることになります。入居者はオーナーではなく、利息をプラスした家賃分を後日保証会社に払うことになります。ただし、それまでの家賃に関してはそれで対応できたとしても、それだけ家賃が滞った入居者であれば、今後も滞納することとなるでしょう。そのため、そのまま放っておくわけにはいきません。

だいたい、3ヶ月ほど家賃滞納が続くと、賃貸管理会社は退去勧告を行うことになります。その際は、オーナーや管理会社によって異なるかとは思いますが、滞納している家賃の1ヶ月分だけでも支払ってくれればもう少し待つ場合もあります。そうしたことをオーナーと相談しながらも、入居者へ対応するのが賃貸管理会社となります。強制退去になる場合は、訴訟を行う可能性も出てきますので、そうした準備もオーナーにかわって全て行ってくれます。強制退去までには、電話請求や督促状・内容証明の送付、家への訪問など、多くの手順が必要となりますので、こうした煩わしい作業をすべて行ってくれるのは、オーナーにとって心強いと言えます。

   オーナーの利益の最大化を目指す 最新の賃貸管理事情を調査