資産形成のパートナー探しに 滋賀の賃貸管理会社選びガイド » 滋賀の賃貸管理会社と契約する前に知っておくこと » 賃貸管理会社の一般的な業務内容 » 空室対策

contents

空室対策

賃貸物件を持つ際に、万が一物件が埋まらなかったらどうすればいいのかと、空室リスクを懸念しているオーナーも少なくないです。当たり前ですが、賃貸物件は空室が無いほど家賃収入も増えるため、大きな利益が出ます。

ただ、実際に賃貸物件を持つオーナーの中には、なかなか部屋が埋まらないと頭を抱えている人もいるのです。そんな時に行いたいのが空室対策でしょう。そもそも、空室が発生する前から行動しておくのが最善ですので、入居者が決まらず悩んでいるオーナーは、今すぐにでも対策を講じましょう。

個人でできる空き室対策

リフォーム・リノベーション

築古物件で入居者のニーズと合わない外観や間取りになっている場合は、費用はかかりますがリフォームを行うのが1番効果的です。

外壁塗装

大規模修繕の1つでもある外壁塗装は、賃貸住宅のイメージがガラリと変わるだけでなく、それだけで新しい印象に生まれ変わります。新しい物件は人気が高くなるので、空室対策として非常に優秀でしょう。

また、外壁を塗り替えると写真映りも良くなるため、リフォーム後は必ず広告写真も差し替えてください。せっかく外壁塗装を行ったのに写真が昔のままでは意味がありません。外壁の色は白やアイボリーなどの明るい色がおすすめです。暗い色は古っぽいイメージを与えてしまいやすいため、新築物件の色味を参考にして選んでみると良いでしょう。

塗装にかかる費用は20万円前後で、一括で経費処理できる費用項目となっています。

和室から洋室へリフォーム

最近では和室を採用している部屋は少なく、古いアパートやマンションのイメージを彷彿させてしまいます。また、ベッドや重たい家具も起きにくく、インテリアの幅が狭くなってしまうというデメリットもあるでしょう。

好んで和室のある部屋に入居する人はほとんど居ないため、リフォームをして洋室化させるのがおすすめです。畳をシートフローリングに変更して使い勝手をよくするだけでも、入居を希望する人が増えるでしょう。

リノベーション

なるべくコストを削減したいというオーナーは、自身でDIYを行い内装をキレイにできます。空室対策におけるリノベーションで最も効果的なのは、クロスの張り替えです。

部屋のイメージに合うおしゃれな壁紙はインターネットでも購入でき、1度貼っても再度剥がすことができるものもあるでしょう。壁一面に貼れば部屋のイメージチェンジを図れる他、新しいイメージを与えることも可能です。

クロスの値段はカラーやデザインによって異なりますが、1m²あたり3,500円程度が相場となっています。1部屋あたり半日くらいで作業も終わり、費用対効果が高いところも魅力です。

賃貸会社でできる空き室

空き家保証

空き室保証とは、オーナーが毎月決まった額を賃貸管理会社に支払うことで、万が一空き室が発生した場合に空き室の家賃を一定額保証するサービスです。スタンダードなプランに含まれておらず、追加保証としてプラスすることが多いでしょう。

また、この保証には「50%保証」や「90%保証」など、様々な種類があります。90%保証の場合は賃貸物件全体の月間家賃収入額を確認し、収入額が満室時家賃の90%よりも下回った月に実家賃収入と90%相当額の差額が給付されます。

個人で限界が来る前に管理会社への相談を

いざ空室対策を行ったとしても、その後必ず部屋が埋まるという保証はありません。万が一部屋が埋まらなかった場合、せっかくお金をかけて行ったリフォームやリノベーションも無駄になってしまいます。また、さらに空室対策を行わなければならないため、このような場合はオーナー1人での行動はおすすめできません。

オーナー個人で空室対策をするのが困難な場合には、賃貸管理会社に相談してみましょう。これまで多くの賃貸管理物件で空室対策を行ってきていますので、実際に物件の状態を見ればどのような創意工夫が必要なのかをレクチャーしてくれます。もちろん、外装・内装のイメージチェンジや設備入れ替えなどの業務も代行してくれるため、オーナー自身で作業を行う必要もありません。

   オーナーの利益の最大化を目指す 最新の賃貸管理事情を調査