資産形成のパートナー探しに 滋賀の賃貸管理会社選びガイド » 滋賀の人気エリア別にみる不動産と賃貸管理の現状 » 愛荘

contents

愛荘

愛荘地区の賃貸管理事情とは?

愛荘町の特徴や賃貸管理に関わる情報についてまとめています。滋賀県の中央部に位置する愛荘町は、県全体の約1%を占める小さな町。しかし、近年は人の流入も盛んでにわかに賑わいを見せています。どのような特徴を持っているのか見ていきましょう。

交通の要衝地

総面積37.95平方キロメートルの愛荘町は、主要な交通網が交差する町です。町東部の山際に国道307号線と名神高速道路、西部に広がる湖東平野には中山道と国道8号線、近江鉄道、東海道新幹線が南北に縦断しています。名神高速道路を利用すれば京都へ1時間、名古屋へ2時間弱で行けるため、交通の便も悪くありません。

近隣市町の中でも商業規模は比較的大きく、近年では小売業の従業者数が増加傾向にあります。駅周辺にはスーパーやドラッグストア、ホームセンターや衣料品店、飲食店などが揃っているため、生活に必要な品の購入には困りません。賃貸物件を保有する際には、こうした利便性の良さをアピールできます。

愛荘町は治安の良さも特徴です。今まで目立った事件が起きていないことから、温厚な人が多いことがうかがえます。また、ご近所同士の交流が盛んなため、子どもたちだけで遊んでいても常に大人の目が届いています。

「地域支え愛ポイント制度」という助け合いの制度があり、介護施設や養護施設での活動を推奨しています。子どもたちだけでなく、お年寄りにも優しい環境が整っていると言えるでしょう。

愛荘町は幅広い世代が安心して暮らせるエリアです。とはいえ、愛荘町の中でも、ファミリー層に人気のエリア、シングル層に人気のエリアなどは変わってきます。周辺環境をきちんと調べておくのが、賃貸経営のカギと言えそうです。

人口が増加しつつあるエリア

豊かな清水と自然に恵まれ、古くから水との関わりが深い愛荘町。この地形が農業をはじめとするさまざまな産業を発展させてきました。自然に溢れた環境のため、のびのびと子育てをしたい人にも人気のあるエリアです。

また、令和元年10月から幼稚園や保育園などを利用する3歳から5歳まで全ての子どもと、保育の必要性のある住民税非課税世帯の0歳から2歳までの子どもの利用者負担額が無料となる「幼児教育・保育無償化」も行っており、子どもを持つ家庭にとって非常に優しい町だと言えます。

愛荘町の人口は2019年11月の時点で21,336人となっており、年々増加傾向にあります。1人暮らし世帯よりも、結婚をきっかけに実家から賃貸住宅へ移る人が多いようです。ストレートにファミリータイプの物件を保有するのも良いですし、スキマを狙って一人暮らし用の物件を持つのも良いでしょう。

賃貸管理で留意すべき点

1人暮らしよりもファミリー層が多いため、賃貸住宅の間取りは2LDK~3LDKくらいの広々とした住宅の方が人気があります。公園やショッピングセンターから近い、保育園や学校へ通いやすい距離など、子育て世代にとって魅力的な条件を多めに用意しておくのも重要です。

治安の良い愛荘エリアですが、空き巣などの犯罪が起こらないように、定期的に扉やカギなどの点検を行うようにすると、借り手に安心感を与えられるでしょう。

また、子どもの足音や騒ぐ声などによる騒音トラブルが発生しないよう入居の際には、配慮が必要です。トラブルが起きる前・起きた後でしっかり対応してくれる管理会社を探す必要があります。これまでのクレームや対応の履歴などは、事前に確認しておきましょう。

愛荘町の地価や賃貸相場

愛荘町に対応している賃貸管理会社

エイブル

圧倒的なブランド力・集客力で満室経営を強力にサポートしてくれます。滋賀県には全10店舗を展開しています。地域密着型の集客体制を整えているため、空室対策はばっちりです。

日本賃貸住宅管理協会にも加盟しているため、加入会社が破産や倒産してしまっても預り金保証制度が利用できます。賃貸経営を始めるにあたっての不安が少ない管理会社と言えるでしょう。

   オーナーの利益の最大化を目指す 最新の賃貸管理事情を調査