資産形成のパートナー探しに 滋賀の賃貸管理会社選びガイド » 滋賀の人気エリア別にみる不動産と賃貸管理の現状 » 東近江

contents

東近江

東近江地区の賃貸管理事情とは?

滋賀県の南東部に位置ている東近江市。住みたい街の好条件がそろっているとして人気の高いエリアです。自然災害の少なさや医療機関の充実度など、非常に住みやすい街となっています。そんな東近江市の特徴やどのような管理体制が必要なのか、また賃貸物件の価値や利回りなどをご紹介します。

車の所有率が高い

東近江市にはJR東海道本線の駅が1駅、近江鉄道の近江線が8駅、八日市線が5駅あります。新幹線を利用すれば、京都駅まで約50分、名古屋駅まで1時間ほどで着くでしょう。また、電車でもスムーズに移動が可能です。

ただ、東近江市は面積が広く、住む場所によっては駅が近くに無いため、車で移動する人も多い傾向にあります。そのため、無料駐車場を用意している商業施設が東近江市にはたくさんあり、買い物の際に駐車料金がかかることはほとんどありません。国道8号線や国道421号線などの主要道路も通っており、彦根・長浜方面や草津・大津エリアへも簡単にアクセスできます。渋滞が起きることはごく稀で、時間帯に関わりなく快適に車を走らせられるでしょう。

車さえあればストレス無く移動ができるため、通勤や買い物などで車を利用する人にとっては、非常に住みやすい環境です。

自然災害が少なく安心して暮らせる

自然災害が多い日本ですが、滋賀県は内陸に位置しており海が無いため津波や高波が起きる心配が少なく、地震をはじめとした自然災害が少ない地域として有名です。実際に過去の床上浸水・床下浸水の棟数や自然災害で負傷した人の数を見ても、数値は非常に低くなっています。

東近江市内には日野川や佐久良川、愛知川といった複数の川が流れていますが、川が氾濫して被害が発生する可能性も低いと考えられています。物件に対しては保険があるとはいえ、災害が起こる可能性が低いにこしたことはありません。長期的な運用を考えるにあたっては、地域の災害についても考えておくのがよさそうです。

子どもの遊べる場所が多い

東近江市では、子育て支援の一環として22カ所のこどもの家(学童保育所)を用意。ほとんどのこどもの家が月曜日から土曜日の19時まで開いています。仕事で子どもを預けなければならないとき、夏休みや冬休みなどの長期休暇で子どもの遊び場が欲しいときに便利です。子育て世代向けの賃貸住宅を保有する場合は、こうした子育て施設が近隣にあるかもチェックするといいでしょう。

自然の中で自由に遊べるプレーパークという場所もあります。一般的な公園とは異なり、禁止事項を無くし、子どもの自主性を育むことを目的としている施設です。家族で楽しむのはもちろん、参加している他の家族や地域の人との交流の場としても活用可能です。

賃貸管理で留意すべき点

自然災害が少なく自然豊かで住み心地の良いエリアのため、賃貸経営にはぴったりです。このエリアを希望するのはファミリー層がほとんどでしょう。幼い子どもを守る防犯対策やクレームになりやすい騒音対策などを行い、安心して暮らせる工夫をすることが物件の空室対策に繋がります。

車の所有率が高いという点から、家賃と共に駐車場料金が比較的安い物件が人気です。駅から多少離れていても車があるため、スーパーや病院が近い立地なら借り手が見つかりやすいでしょう。

東近江市の地価や賃貸相場

東近江市に対応している賃貸管理会社

エイブル

日本賃貸住宅管理協会に加盟しているエイブルでは、日管協預り金保証制度が受けられます。加入会社が破産・倒産した場合には、協会がオーナーへ預り金の支払いを行ってくれるため、安心して賃貸住宅の運営をお願いできるでしょう。

また、365日24時間のトラブル対応や的確なリフォームの提案など、きめ細やかな賃貸管理サービスも魅力です。

   オーナーの利益の最大化を目指す 最新の賃貸管理事情を調査