資産形成のパートナー探しに 滋賀の賃貸管理会社選びガイド » 滋賀の人気エリア別にみる不動産と賃貸管理の現状 » 日野

contents

日野

日野地区の賃貸管理事情とは?

滋賀県の南東部に位置する日野町の特徴についてまとめています。地域の事情や賃貸管理のポイント、地価などについてまとめました。

自然豊かでファミリー層に人気の町

滋賀県の南東部、鈴鹿山系の西麓に位置する日野町は、町の花である「ほんしゃくなげ」が咲き誇る自然豊かなエリアです。1997年に農業公園「ブルーメの丘」を、2010年には森林体験施設「グリム冒険の森」をオープンし、都市と農村とのふれあいを目指した施策展開を図っています。

グリム冒険の森ではコテージやバンガロー、オートキャンプ場、森林浴ができる散策道が整備され、音楽フェスも開催されています。自然を楽しめるレジャーが多いため、ファミリー層や若年層に好評です。

ただ、鉄道は近江鉄道のみでJRはありません。1日の電車の本数が少ないため、公共交通機関のみで都市近郊部に出かける場合は、少し不便かもしれません。一方で、車なら水口や八日市まで15分程度。スマートインターも近くにあるため、スムーズな移動が可能です。特にファミリー層の場合は、車を持っている家族が多いと考えられます。つまり、駐車場付きの物件か近隣に駐車場があるかがポイントとなりそうです。

教育にも介護にも適している

町全体の学びの体制として、地域未来塾や放課後子ども教室、チャンレンジ教育、放課後補充教室の実施など多様に学習の機会を拡大しています。教育に力を入れているほか、保育の充実も目指しているエリアです。のびのびと子育てをしたい層にとって、暮らしやすいエリアとなっています。しかし、専門学校や大学が少なく、学生の1人暮らしの需要はあまり高くありません。

総合病院をはじめ各科目の個人病院も揃っており、体調が急変しやすい子どもやお年寄りも安心して暮らせます。子育て支援や介護・医療に力を入れているため、より良い暮らしを実現するために日野町へ移住・定住してくる人も多いようです。

具体的には乳幼児、障害児(者)、母子・父子家庭の方などを対象とした福祉医療費助成制度、0歳から小学校就学前までの医療費助成制度、敬老会の開催などがあります。

賃貸管理で留意すべき点

保育・教育サポートが充実しているため、小さな子どもを持つファミリー層が賃貸住宅を利用する可能性が高いでしょう。そのため、防犯対策が行き届いている賃貸住宅が人気となっています。建物の出入り口の防犯対策はもちろんのこと、各戸のドアや窓の防犯対策、ベランダがあるなら子どもが乗り越えられない高さになっているかなど、細かくチェックして対応するといいでしょう。そうした1つひとつが、物件のアピールポイントにもなります。

また、荒れた印象や暗い印象を与えないよう、エントランスや廊下の電球が切れていないか、ゴミステーションは清潔かなどのチェックも必要です。子どもを安全でのびのびと育てられるような環境づくりが空室対策となるでしょう。

マイカー所有率が高いため、駐車場のある賃貸住宅を求めている人が多いと考えられます。賃貸物件を探す際は、建物そのもの以外にも、公共交通機関の利便性や駐車場の有無なども考慮しましょう。

日野町の地価や賃貸相場

日野町に対応している賃貸管理会社

エイブル

入居率95%前後を誇るエイブルは、滋賀県下6,000戸の管理実績がある賃貸管理会社です。入居から退去までのサポートや設備のメンテナンスなど、賃貸経営に携わる全てを担ってくれます。

物件の巡回や環境整備、エレベーター保守なども代行してくれるため、ファミリー層が安心して暮らせる物件として強くアピールできるでしょう。また、入居者のクレーム対応や自治会との連絡調整など、入居者や近隣住民への対応も任せられます。

   オーナーの利益の最大化を目指す 最新の賃貸管理事情を調査