資産形成のパートナー探しに 滋賀の賃貸管理会社選びガイド » 滋賀の人気エリア別にみる不動産と賃貸管理の現状 » 湖南

contents

湖南

栗東や竜王など名神高速のインターチェンジに近いことから、近畿圏と中部圏をつなぐ広域交流拠点として滋賀県で最大の工業団地「湖南工業団地」が生まれ、発展してきた湖南市。人口約5万4千人ほどのこの町はどんな町で、どのような人が集まり、そのためにどのような管理体制が必要なのか、また賃貸物件の価値や利回りなどをご紹介します。

各産業がバランスよく繁栄した住みよい街

かつて伊勢参宮街道として人々が行き交う場。江戸時代には石部に東海道五十三次の51番目の宿波がおかれる場。と、さまざまな産業・文化が発展してきた湖南市。山間部に位置し、自然環境に恵まれるのどかな地域ですが、県南部に位置し、大阪から100km圏内という好立地から京阪神都市圏のベッドタウンとして現在も住宅地開発が進んでいます。工業のみならず、農業、商業もバランスよく繁栄していることから、それぞれの産業に携わる人のために建設されたアパートやマンションが多く存在しています。

ファミリー層に支持されるエリア

家賃や駐車場代が安く、人口も多くないことからゆったりとした暮らしができるとされています。地域の関わりが多く、いざとなったら助け合う環境にあるため子育て世代にも安心です。さらに幼稚園や保育園が充実しているので待機児童問題に悩まされることなくお子さんをスムーズに入園させられることが期待できます。

日用品の買い物は平和堂をはじめイオンタウンや24時間営業のスーパートライアルがあり大変便利。少し足を延ばせば三井アウトレットパーク滋賀竜王があるので週末のレジャーも楽しめる地域です。しかし、バスの本数が1時間に1~2本など交通の便がそれほどよくないためマイカー移動は避けられません。決して都会とは言えないため少し物足りなさはあるかもしれませんが、お店に行っても順番待ちなどのストレスも少なく、子供を育てるには安心な、心穏やかに暮らせるエリアです。

賃貸管理で留意すべき点

やはり交通の不便さが目立ちます。遊ぶ場所が少ないため、人口は減っている傾向にあり、活気が薄れつつある印象です。静かな場所を好む人には望まれる環境と言えるかもしれません。

また、ファミリー層が多いエリアなので、子どもの声や足音が騒音トラブルとなることも珍しくありません。トラブルが発生しないよう、入居時に説明したり、クレーム対応を徹底する必要があります。また、子育て世帯に合わせた物件にすることも重要なポイントと言えます。段差が少ないことや、滑りにくい床などバリアフリー物件を目指すことも求められるでしょう。

湖南市の地価や賃貸相場

湖南市に対応している賃貸管理会社

湖東開発

50年以上の歴史をもつ湖東開発は、地域に根差したサポートが魅力の賃貸管理会社です。入居者の募集からオーナーをサポートしてくれるだけでなく、入居者からのクレームを24時間体制で処理してくれます。また不動産オーナーで組織される「バード会」を運営しており、資産運用に関する講座、オーナー親睦会などに参加でき、楽しみながらオーナー同士のネットワーク構築を手助けしてくれます。

湖南に対応している賃貸管理会社は地域密着型のサポートを得意としています。その他にも滋賀県を拠点とした賃貸管理会社を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

   オーナーの利益の最大化を目指す 最新の賃貸管理事情を調査