資産形成のパートナー探しに 滋賀の賃貸管理会社選びガイド » 滋賀の人気エリア別にみる不動産と賃貸管理の現状 » 長浜

contents

長浜

長浜地区の賃貸管理事情とは?

滋賀県の中で北東部に位置し、西側を琵琶湖が接しており、伊吹山系の山麓が東側に連なる「長浜」。滋賀県で最も面積が広く、多くの歴史的文化遺産が残っている長浜はどんな町で、どのような人が集まり、どのような管理体制が必要か、価値や利回りはどうか、賃貸物件に関わるさまざまな情報をまとめてみました。

滋賀県の中でも人口が多いエリア

滋賀県の中で3番目に人口の多い長浜エリアは、バイオテクノロジー分野で飛躍的な発展をみせ、現在では大手家電メーカーなどの工場や事業所が多い地区となっています。日本で初めてバイオ系の単科大学をつくり(長浜バイオ大学)、長浜バイオ・ライフサイエンス特区として県に認められました。

さらに、長浜サイエンスパークと呼ばれる工業団地を、新しくバイオ産業が入ってくるための拠点づくりや人材の育成、共同研究といった産学の交流の場づくりとして整備しました。こうして、長浜地区は20世紀後半からバイオテクノロジーの分野において非常に重要な働きをしているのです。子どもにこうした分野の勉強をさせたいと思ったら、この地区以上にふさわしい場はないと言えます。

電車利用の利便性が低いことに注意

長浜市は、北陸自動車道や国道8号、365号といった主要な道路に出やすい立地なので、車移動としては交通のアクセスにおける利便性は良好です。ただし、電車利用の場合、京都へ1時間15分ほど、大阪へは1時間45分ほどかかるため、アクセスが良いとは言い難いでしょう。

学生が住むにはちょっと物足りなさはあるかもしれません。ただ、商業施設が多いエリアのため、生活するのには全く不便がなく、小中学校も多いことから、どちらかというとファミリー層におすすめの地区と言えます。

商業施設が多い一方で、専業・兼業農家が多い長浜は、適度に都会で、適度に田舎という、子育てがしやすく、また住みやすい地区となっています。

のどかで景色が美しく、昔ながらの町並みがとても風情があって素晴らしく、空気もきれいなのに、飲食店やショップも多く、公園や遊び場も多いため、子どもも多いエリアです。治安や交通状態も良いので、子育てにはぴったりの町です。

賃貸管理で留意すべき点

ファミリー層に人気のエリアですから、ファミリー層が生活しやすい間取りなどを意識するとともに、オシャレに暮らせるような内装をつくりあげるなどの工夫が空室改善には重要となります。

早くに周りが暗くなることによる治安の悪さによる犯罪が起こらないよう、定期点検はしっかり行う必要があります。電球が切れたままになっているなどがないよう、長時間の管理業務を請け負ってくれる会社を探すべきです。

彦根市の地価や賃貸相場

   オーナーの利益の最大化を目指す 最新の賃貸管理事情を調査