資産形成のパートナー探しに 滋賀の賃貸管理会社選びガイド » 滋賀の人気エリア別にみる不動産と賃貸管理の現状 » 竜王

contents

竜王

竜王地区の賃貸管理事情とは?

滋賀県の東近江エリアに属する竜王町は、大地の豊かな恵みを天授する郷として発展してきました。果樹園では四季折々のフルーツ、水田では良質な近江米、そして全国的に有名な近江牛のふるさとでもあります。

幾重もの時代の表情と、人びとの歴史が息づく竜王町の賃貸物件の価値や利回りなどをご紹介します。

新たな企業誘致を進めているエリア

名神高速道路の竜王インターチェンジがあることから交通の利便性が高く、大手自動車工場や大型商業施設が林立しているエリアです。現在は滋賀竜王工業団地への新たな企業誘致を進めており、地域活性化への期待が高まっています。企業に勤める人が増えれば、それだけ賃貸物件の需要も高まるでしょう。ファミリー向けはもちろん、シングル向けの物件も需要があるかもしれません。物件を保有する際には、近隣の企業や商業施設にも注目してみてください。

今後も発展に注目が集まる

暮らしやすい、住み続けたいと思えるような町づくりのために、コンパクトシティ化や交通弱者のための公共交通の整備、公共施設等の適正な配置、道路整備や河川改修、教育施設や医療施設などを総合的に実施していこうと考えている町です。また、地域の課題を地域で解決するしくみである「地域支え合いしくみづくりモデル事業」も実施しています。

さらに、子育て支援や教育の充実にも力を入れており、中学校卒業までの医療費無料化や子どもひろばの毎日開催、学生の通学定期補助やプログラミング教育の先行実施などを積極的に行っています。若い世代の人たちが安心して子どもを産み育てられる環境を整えているため、近年注目されつつあるエリアです。

商業施設や近江牛による活性化

竜王町には、関西最大級のアウトレットモール「三井アウトレットパーク滋賀竜王」があり、約240の店舗が入っています。週末や祝日には京都から直通バスの運行があり、たくさんの人が訪れるため、活気に溢れています。

さらに全国的にも有名な近江牛の名産地でもあり、「まるごと竜王産近江牛スキヤキプロジェクト」なるイベントも開催されています。近江牛を使ったグルメが大集合し、美味しいお肉を囲みながら有名人のトークショーや音楽なども楽しめるようです。

もちろん、日常生活に欠かせない食材や日用品はショッピングモールやスーパーが十分にあるため、車さえあれば日ごろの生活には困らないでしょう。一方で新幹線や電車での移動には隣の町まで行かなければならないため、公共交通機関を利用した移動には多少の不便があると言えます。

賃貸管理で留意すべき点

滋賀県内でも比較的栄えている竜王町は、大手自動車メーカーや大型商業施設があるため、1人暮らしからファミリー層まで様々な人が賃貸住宅を利用する可能性があります。保有する賃貸物件の魅力を伝えるときは、他との差別化が必須かもしれません。新築物件も多いことから、築年数が経っているなら、リフォームも検討してみましょう。

また、竜王町に住むほとんどの人が車を所有しています。賃貸住宅に住むにあたり駐車場は必須ですし、来客用のスペースのある物件も人気です。さらに、大手メーカーは転勤も多く、退去時のスムーズな対応や希望に沿った物件をスピーディに見つけるなど、丁寧かつ迅速な対応が求められます。

大津市の地価や賃貸相場

竜王町に対応している賃貸管理会社

エイブル

滋賀県内での管理実績数が6,000戸と豊富なエイブルは、滋賀県内に4店舗を展開。竜王町の賃貸物件は野洲店が管理しています。24時間体制で空室対策の相談を受け付ける専用部署を設ける万全なサポート体制が魅力です。

また、物件の補修を行った箇所は写真で報告してくれます。きちんと画像付きで補修をしたことを証明してくれるため、副業オーナーや県外の投資家にも喜ばれているサービスです。

   オーナーの利益の最大化を目指す 最新の賃貸管理事情を調査