資産形成のパートナー探しに 滋賀の賃貸管理会社選びガイド » 滋賀の人気エリア別にみる不動産と賃貸管理の現状 » 高島

contents

高島

高島地区の賃貸管理事情とは?

滋賀県高島市は湖西地域に区分される、自然が豊かでゆったりとした時間が流れるエリアです。滋賀県のシンボルでもある琵琶湖が近くにあり、季節によって色々な釣りが楽しめます。また冬には箱館山で、スキーやスノーボードといったレジャーを満喫できるでしょう。

そんな住みやすい高島地区でスムーズな賃貸管理をするために、どんな特徴の町で、どんな人が住んでいるのかなどの情報を紹介します。

自然が多く子育てに向いている

高島市はとにかく自然が多いエリアで、釣りやスキー、バーベキューやキャンプなど、年中何かしらのレジャーを楽しめます。琵琶湖で泳ぐ湖水浴ができるのも魅力的です。緑が豊かで空気もキレイなので、自然を求めて都会から旅行に来る人も多いでしょう。

また柔和な性格の人が多く住み、困った時には声をかけてくれるなど、心が温まるような体験ができます。田舎ならではの顔見知りが多く住民同士の繋がりが深いため、単身で引っ越してきても安心です。また顔見知りがたくさんいるという点から治安も良く、子育て世代の人も快適に暮らせます。15歳までは医療費が無料ですし、保育園は平日解放しているため通っていない母子も気軽に利用可能です。

京都や大阪までスムーズに移動できる

電車は普通・快速・新快速が通っていて、電車1本で京都や大阪などの主要都市へ移動できるのも高島市の魅力です。電車を利用する人は少なく、どの時間帯に乗っても座れないということは基本的にありません。帰りも各駅で降りていく人が多く、最初は立っていても途中で席が空くので、隣県まで働きに出ている人もたくさんいるでしょう。

ただ琵琶湖沿いに在来線の線路が通っているため、風の影響を強く受けます。時に遅延や止まることがあり、臨時のバスも無いため知り合いに迎えに来てもらったり再度動くまで待つしかないのがデメリットです。

また駅周辺には商業施設がありますが、郊外に行くほどお店は少なくなります。そのため車は必需品です。

賃貸管理で留意すべき点

滋賀県の人口は増加傾向にある中、高島市は年々人口が減少傾向にあります。琵琶湖線沿線の駅は新快速が停まるのにもかかわらず、駅周辺はあまり発展していない印象を抱くでしょう。

賃貸物件の借り手はファミリー層が多いため、扱っている間取りは1LDK~3DKがほとんどです。そのため他の物件と比較してどのような魅力があるのか、どのような強みがあるのかをアピールするのが重要となります。自然豊かでゆったりとした時間が流れるメリットがある反面、あまり人が行き来していないので、防犯対策をきちんとしているという点を強調すれば、子育て世代にとって安心して過ごせる物件というイメージになります。

高島市の地価や賃貸相場

高島市に対応している賃貸管理会社

エイブル

滋賀県でおおよそ6,000戸の管理実績を持つエイブルは、管理拠点数が4ヵ所と県内最大数を誇る賃貸管理会社です。管理拠点数が多い賃貸管理会社なら、細やかで迅速な管理が期待できます。工事や修理、リフォームも自社対応が可能で、オーナーの要望に沿うサービスを提供してくれるでしょう。

日本賃貸住宅管理協会に加盟しているため、「日管協預り金保証制度」の利用ができるのも良いところです。加入している会社が倒産・破産になった際は、協会からオーナー様へ預かり金の支払いを進めてくれます。

   オーナーの利益の最大化を目指す 最新の賃貸管理事情を調査