資産形成のパートナー探しに 滋賀の賃貸管理会社選びガイド » 利益を最大化する賃貸管理会社の選び方in滋賀 » 空室対策

contents

空室対策

滋賀の空室物件への対策とは?

滋賀の賃貸物件は、まだまだ空室が多いのが現状です。そのため、入居率なども掲載されていないことがほとんどです。滋賀県における賃貸用住宅の空室率が高いのは、東近江市(30.5%)や野洲市(23.0%)、彦根市(26.6%)などです。

しかし、各社知恵を絞り、多くの努力をすることで、それも改善が見込まれています。それでは各社どのような取り組みを行っているのか、具体的に紹介していきます。

広告媒体の工夫

現在では、インターネットが広告媒体としてトップとなっています。そのため、インターネットでより検索が楽に、そして見やすくなるよう工夫をしたり、検索条件でその物件の魅力を伝えられるようにしています。また、インスタグラムなどのSNSを利用することでより多くの人に周知してもらい、より魅力的な物件だと感じてもらえるようにしています。

部屋の演出

分譲物件などでよくあるのがモデルルームです。魅力的な家具などを配置し、より美しさや素晴らしさという点で印象をアップさせ、実際に暮らしたときのイメージをつきやすくします。入居意欲を上げることで、内見から成約につなげやすくすることができます。

清掃などの徹底管理

建物の外見が悪ければ成約にはつながりづらくなります。そのため、定期点検や清掃を徹底し、きれいな状態を維持することで、入居を決めやすくしています。

ニーズに合わせたプランを設定

入居者により、料金プランのニーズは異なります。たとえば、大学生であれば4年間はその部屋から学校に通うため、できるだけ家賃が安い物件を望むはずです。一方、転勤の多いファミリーであれば、いつ引っ越すかわからないこともあり、敷金や礼金があまりかからない物件を望みます。地域によって、集まる人の特性やニーズが異なりますので、検証したうえでニーズの多い間取りへのリノベーションや料金プランの設定などを行っています。

物件の再生

ただ一般的に必要とされている施設を導入するのではなく、より魅力的な物件になるよう、オリジナリティあふれるカラーリングや照明、演出を行っています。(プチリフォームなど)

このように、各社細やかな対応や努力をすることで、唯一無二の物件をつくるべく奮闘しています。おもしろい物件をつくることが入居者の目にとまることも。試行錯誤しながら空室対策を行っているため、滋賀の空室問題も徐々に改善されています。

   オーナーの利益の最大化を目指す 最新の賃貸管理事情を調査